« FACTORY900ニューフェイス | メイン | クラシカルで上品な »

theo ならではのフレーム達

今日から3月となりました。
風はまだ冷たいですが、日差しの暖かさが嬉しいです。
入荷してからまだご紹介できていないフレームのうち、
今回は theo をアップします。
飽きのこない色づかいや、形の独特な雰囲気が魅力のブランドです。



            BO col. 233

ブロウの強調されたスクエアタイプ
今まで入れたことのないモデルだったのですが、
トランクショーで皆様にかけていただくと意外にもしっくり。
誰もかけていないメガネをお探しの方にお勧めです。



            BATO col. 310

BOの雰囲気を継承した新型が BATO
オーバルのかけやすいレンズシェイプと
色の切り替えがとてもきれいなモデルです。
BO、BATOは店頭に出していないので、気になった方はお声をかけてください。



            JAMES 5 col. 5

JAMESシリーズの新型はフレームと鼻パッドが一体化
デザイナーが試行錯誤して作り上げた1本です。
前回に比べ馴染みやすい玉型になりましたが、
それに負けない位の印象的なラインを出してくれます。



            POURBUS col. 009

最近よく見かけるデミ柄コンビ×ボストン
theo なら定番のフレームも違ったアプローチで楽しめます。
ちらりと見えるアイボリーのメタルが効いてます。
バネ蝶番でかけ心地も抜群です。


theo の良さは色にもあり。
同じ形でも全く印象が変わります。
今回ご紹介したポップなカラーから、落ち着いたカラーまで
各モデル揃えましたので、試してみてはいかがでしょうか。


twitter・Facebookでもフレームの情報をお届け!
ツイッター: http://twitter.com/opticgalleryk
フェイスブック: http://www.facebook.com/OpticGalleryK

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://optic-k.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/219

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)