« 2013年02月 | メイン | 2013年04月 »

2013年03月29日

サングラスが勢ぞろい

今朝は出勤がてら段葛を歩いてみました。
朝、早めの時間でもお花見を楽しんでいる方がちらほら。
週末の天気は荒れるそうですが、桜はどうなるでしょう…

今日は花曇りの鎌倉。
曇りだからと油断していると、意外にちょっとした日差しが眩しく感じます。
こんな日はサングラスを求めて、お客様が飛び込んでくることが度々。
観光で来られたような多くの方は何でもいいから簡易的なものをとおっしゃいますが、
せっかくセレクトショップに来たのだからと、
いろいろお出しすると興味を持っていただける方もいらっしゃいます。
そこで今回は、お出かけの際にかけたいサングラスをピックアップしました。



            MYKITA ALDOUS col. 138


            USH LEA col. 077            


            FACE a FACE HOLLY1 col. AT14


            FACE a FACE VEIGA3 col. 053


            FACTORY900 FA-072 col. 543


かけ心地のよさ、形の面白さ、色の美しさ…
サングラスに求めるものは様々あると思います。
メガネ以上にサングラスは個性を表現できるアイテム
素敵に変身できる1本をみつければ、
ちょっとしたお出かけもより楽しくなるかもしれません。



twitter・Facebookでもフレームの情報をお届け!
ツイッター: http://twitter.com/opticgalleryk
フェイスブック: http://www.facebook.com/OpticGalleryK

2013年03月24日

ARCOBALENO 入荷

先日までの予報とは違い穏やかな陽気の日曜日。
満開とはいかないものの、段葛の桜も一気に花開きました。
大賑わいだった昨日よりは人は少なめですが、なかなかの賑わいです。
やはり、桜は青い空に映えます。




本日は、大人の女性のためのメガネ ARCOBALENO をご紹介です。
ピアスやネックレスなどのアクセサリーをつけても邪魔をしないように、
デザインの最も基本的な三大要素である、形・色・サイジングをブラッシュアップ。
メガネの産地、福井県鯖江市の工場で1本1本丁寧に作られる、
シンプルで上質なアイウェアです。


            AB-003 col. 03


            AB-002 col. 02


            AB-004 col. 02

どのモデルもゆったりとしたレンズ幅で遠近にも対応。
クラシックなスタイルとはまた違った雰囲気を持たせてくれます。
縦幅の大きいフレームは野暮ったくなりがちですが、
絶妙なバランスのシェイプですっきりとかけられるメガネに仕上がりました。

各モデル、弾力性のあるβチタンをクリングスに採用していますので、
大振りなフレームでありながら、ストレスフリーなかけ心地です。
カラーバリエーションも豊富で、
かわいい印象のものからクールでシャープなものまで様々。
なりたい自分を表現してくれる1本になりそうです。



twitter・Facebookでもフレームの情報をお届け!
ツイッター: http://twitter.com/opticgalleryk
フェイスブック: http://www.facebook.com/OpticGalleryK

2013年03月21日

段葛の桜

昨日までの暖かさで桜もだいぶ咲いているだろう…と思い
お昼休みに段葛まで行ってきました。


蕾はだいぶ膨らんできてはいるものの、
二の鳥居付近はまだ少しかかりそうです。


段葛を八幡宮方面にすすみ、こちらは豊島屋本店の辺り。
花が開いている枝も多く、少し早目のお花見を楽しんでいる観光客もちらほら。
満開の桜はもちろん楽しみですが、その時期は人で溢れ返っていますし
のんびりと自分のペースで眺められるのは今かもしれませんね。



さて、今回はご紹介が遅れていた USH の新型
さらに Seacret Remedy の新型をご案内いたします。


            U-021 col. 3


            U-021 col. 4

USU の今回のテーマは1970年代後半から始まるディスコ文化。
セレブ達を魅了した「STUDIO54」からイメージ。
角を強調し、どことなく力強さを感じるモデルになりました。
オールドマホガニーを思わせる col. 4 は、
世界で初めてマツケリ社が発表した、
100%自然素材を使用したエコ素材を使用しています。




            S-008 col. 1


            S-009 col. 4

Seacret Remedy は今回も アーモンドアイ のコンセプトを継承
グラデーションカラーで顔を立体的に見せ、
目尻のポイントカラーで顔をリフトアップ。
さらに目をぐっと横に広く見せ、デカ目効果もあるという、
女性のキレイをとことん魅せるフレームに仕上がっています。


各メディアでも取り上げられ、お問い合わせも多くいただく2つのブランド。
デザイナーの外山氏がデッサンからプロト作成まで手掛け、
試行錯誤の上生まれたフレーム達です。
語れるメガネ、 USH と Seacret Remedy ぜひ当店でお試しください。


twitter・Facebookでもフレームの情報をお届け!
ツイッター: http://twitter.com/opticgalleryk
フェイスブック: http://www.facebook.com/OpticGalleryK

2013年03月18日

THANKS VOL. 15

THANKS 15弾です。
入荷した直後のフレームがぴったりマッチする
そんな高感度なお客様が多い最近。
新生活に向けてメガネを着替える方も多いようです。


















2013年03月15日

クラシカルで上品な

3月も半ば、夕方はやはり冷え込みますが、
日中、暖かい日も増えてきて、春を感じます。
先週のアド街ック、長谷が紹介されていました。
ぶらぶら散歩するには一番いい時期ですし
長谷散策の際にはぜひ、小町通りまで足を伸ばしてみてください。


さて、当店のお客様からよくうかがうのが、
自分のメガネを変えてみたら、
すれ違う人のメガネも気になるようになった、というもの。
こだわりのメガネは周りの方も魅かれてしまうんですね。
最近特に、気になる!とお声の多い形をいくつかご紹介します。



            BEAUSOLEIL C65 col. 069

最初は ブロータイプのナイロール
サーモントタイプは勇気がいるという方にはおすすめです。
下に縁がないのですっきりとかけやすく、
下を見る際に視界にフレームが入らなくて楽、とのお声が多い形です。
こちらのモデルは特に、BEAUSOLEILらしいアセテートの美しさが魅力的。



            YELLOWS PLUS FRITZ col. 1W

次はサーモントタイプ
TV等で俳優さんも多くかけているため、
見かけたことのある方も多いかと思います。
上品かつクラシカルなムードを演出できる形です。
さらに FRITZ は跳ね上げ式になっていますので
カラーレンズを入れたり、ただギミックを楽しんだりと使い方は様々です。



            YELLOWS PLUS KURT col. 432

最後は男女問わず話題に挙がる、ボストンタイプ
当店では特に女性にお勧めしていますが、
今回は男性向けのフレームをピックアップ
ブリッジと鼻パッドにメタル素材を使用し、
ビンテージフレームのような雰囲気を醸し出しています。


今回ご紹介したのはどれも比較的ベーシックな形です。
ブランドによって表現はさまざまで
少しラインが違うだけでもだいぶ印象が変わります。
ご自身に合うカラーやデザインを探しにきてみてください。


twitter・Facebookでもフレームの情報をお届け!
ツイッター: http://twitter.com/opticgalleryk
フェイスブック: http://www.facebook.com/OpticGalleryK

2013年03月01日

theo ならではのフレーム達

今日から3月となりました。
風はまだ冷たいですが、日差しの暖かさが嬉しいです。
入荷してからまだご紹介できていないフレームのうち、
今回は theo をアップします。
飽きのこない色づかいや、形の独特な雰囲気が魅力のブランドです。



            BO col. 233

ブロウの強調されたスクエアタイプ
今まで入れたことのないモデルだったのですが、
トランクショーで皆様にかけていただくと意外にもしっくり。
誰もかけていないメガネをお探しの方にお勧めです。



            BATO col. 310

BOの雰囲気を継承した新型が BATO
オーバルのかけやすいレンズシェイプと
色の切り替えがとてもきれいなモデルです。
BO、BATOは店頭に出していないので、気になった方はお声をかけてください。



            JAMES 5 col. 5

JAMESシリーズの新型はフレームと鼻パッドが一体化
デザイナーが試行錯誤して作り上げた1本です。
前回に比べ馴染みやすい玉型になりましたが、
それに負けない位の印象的なラインを出してくれます。



            POURBUS col. 009

最近よく見かけるデミ柄コンビ×ボストン
theo なら定番のフレームも違ったアプローチで楽しめます。
ちらりと見えるアイボリーのメタルが効いてます。
バネ蝶番でかけ心地も抜群です。


theo の良さは色にもあり。
同じ形でも全く印象が変わります。
今回ご紹介したポップなカラーから、落ち着いたカラーまで
各モデル揃えましたので、試してみてはいかがでしょうか。


twitter・Facebookでもフレームの情報をお届け!
ツイッター: http://twitter.com/opticgalleryk
フェイスブック: http://www.facebook.com/OpticGalleryK