« 2012年08月 | メイン | 2012年10月 »

2012年09月30日

THANKS vol.14

THANKSシリーズ14弾です。
メガネとお洋服や、帽子等の小物の組み合わせを考えるのが
楽しくなったとのお声をいただき、非常に嬉しく思います。
来月は IOFT。
各ブランドが発表する新作を仕入れに行きます。
皆様にご紹介できるのはしばらく先にはなりますが、
お客様の顔を思い浮かべながらの仕入れは楽しいものです。

IMG_5937.jpgIMG_6108.jpgIMG_6294.jpg
IMG_6145.jpgIMG_5999.jpgIMG_5947.jpg
IMG_5953.jpgIMG_5951.jpgIMG_5954.jpg
IMG_6158.jpgIMG_6110.jpgIMG_6202.jpg
IMG_5950.jpgIMG_6232.jpgIMG_6061.jpg
IMG_5957.jpgIMG_5980.jpgIMG_6163.jpg
IMG_5986.jpgIMG_5989.jpgIMG_5983.jpg
IMG_6268.jpgIMG_6251.jpgIMG_6227.jpg
IMG_6020.jpgIMG_6023.jpgIMG_6022.jpg
>IMG_6288.jpgIMG_6150.jpgIMG_6235.jpg
IMG_5996.jpgIMG_6054.jpgIMG_5991.jpg
IMG_6263.jpgIMG_6265.jpgIMG_6259.jpg
IMG_6175.jpgIMG_6004.jpgIMG_5918.jpg
IMG_6272.jpgIMG_6282.jpgIMG_6290.jpg

2012年09月19日

factory900 fa-1090のご紹介

春に発表される小文字の factory900
今までのモデルと全く違った印象の fa-1090 が入荷しました。

IMG_6273.jpg
            fa-1090 col. 153

IMG_6276.jpg
            fa-1090 col. 075

IMG_6280.jpg
            fa-1090 col. 001


factoryには今までなかった形。
テレビジョンカットを施し、レトロでクラシカルな印象です。
やや小振りなので女性にもおすすめです。
クラシックなタイプは各ブランド作られていますが、
どこのものとも全く違う、factoryだからこそのデザイン。
よくあるクラシックな形に飽きてしまった方にも楽しめるフレームです。


twitter・Facebookでもフレームの情報をお届け!
ツイッター: http://twitter.com/opticgalleryk
フェイスブック: http://www.facebook.com/OpticGalleryK

2012年09月14日

OPTIC GALLERY K 鯖江探訪

9月3日から5日までお休みさせていただき
メガネの産地 鯖江へいってきました。

オーナー 高橋が鯖江を訪れたのが3年前
今回も opt duo さんにお世話になり、様々な場所へと案内していただきました。
初日はspec espace のセルロイドのフレーム等を手掛ける職人、西野正美氏の工房を見学。
全ての工程を手仕事で仕上げていきます。
今回は店長とスタッフが西野さん指導の下、ヤスリ掛けを体験。

DSCF1017.jpg
          まずはデモンストレーションを受け…

DSCF1019.jpg

DSC_1084.jpg

            いざ実践!


さらに、フレーム磨きの技術面でもご指導をいただきました。
流れるような手捌きに熟練した職人の技というものを感じます。

DSCF1026.jpg


工房見学をさせていただいた後は opt duo さんへ
メガネの設計やデザインのお話を伺いました。
平面の設計図から立体に起こすまででも、多くの過程があるのだと改めて実感しました。

DSCF1042.jpg

DSC_1092.jpg

DSC_1095.jpg
            opt duo 斉藤氏


2日目はスタッフ一同、誉さんの案内により観光へ...

DSC_0898.jpg

東尋坊は絶景でした。

高橋は3年ぶりにopt duoの会長、西野氏とゴルフ...
3年前にお邪魔した際にもご一緒させていただき、そのときの約束
また鯖江を訪れたときはゴルフを…が実現しました。
お二人の若い頃の仕事での体験談や苦労されたこと、現在のお話等を
プレーや食事をしながら伺う事が出来て楽しい1日になりました。

DSCF1045.jpg


夜は秋吉にて焼き鳥をいただきました。
福井県は焼き鳥の消費量が日本一だそう、秋吉は大いに貢献していると感じました。

DSC_0939.jpg

DSC_0942.jpg


~つづく~

OPTIC GALLERY K 鯖江探訪 2

3日目はopt duoの斉藤さんに案内していただきました。
まずはメタルの加工を行っている工場 アイビス高島 さんへ
職人さんのところのように、自宅兼工房というスタイルが多く、
細かな工程ごとに各工房で分業して行うことが多いメガネの製作。
こちらは金型の作製から仕上げまで、
全て自社でできてしまうという大規模な工場です。
spec espaceだけではなく、KAMUROのメタルフレームもこちらで作られたものだそう。

DSC_1117.jpg

DSC_0946.jpg
  総括部長の髙島さんに案内していただきました。

たくさんのパーツを必要とするメタルフレームは
それぞれのパーツごとに金型が必要。
各ブランド、各モデルごとにたくさんの金型がありました。

DSC_1119.jpg

作られた金型をもとに、各部のパーツをプレス・切断して作ります。

DSC_0945.jpg

DSC_0950.jpg

メガネ1本を作るのにも170以上の工程があるそう。
ほとんどの作業を担うのは機械ですが、
細かいパーツが多いメガネの場合、精密なデータのセットが求められます。
一番時間がかかるものだと、2~3時間は準備が必要だそうです。
普段何気なくかけているメガネは
本当にたくさんの方の手が加わって出来上がったもの。
そう思うと今まで以上に大切にしようという気持ちが生まれます。

アイビス高島さんを後にし、
メガネのプロトを製作している OSHO handworksさんへ

DSC_0973.jpg
          OSHO handworks 畑中氏

DSC_0971.jpg

こちらの工房の畑中さんはプロト職人としては非常に若いのですが
spec espaceはもちろんのこと、
某ブランドからもお墨付きをいただいている程の技術をお持ちの方です。
デザイナーがおこした図面通りに試作を作ることで
立体にした際に構造上問題はないか、
工場での量産に適しているかを洗い出します。

工場では様々な機械を駆使してフレーム形作りますが、
プロトタイプは全て手作り。
実際にヤスリ掛けする様子を見せていただきました。

DSC_1136.jpg


手作りにせよ機械製作にせよ、
日本の眼鏡には、職人の持つ技術力が最大限注がれていた事は
今までわかりきっているつもりでしたが、
実際に見せていただくと理解しきれていなかったのだと感じました。
当店の眼鏡はたくさんの方の愛情や真心が詰まっていると、
お客様に一端でもお伝えしていけるよう今後も励みます。

あっという間に終わってしまった3日間の行程
旅の終わりはもちろんこれ

DSC_0975.jpg

DSC_0974.jpg

opt duo 毛利さんも合流し、おそばをいただきました。
天おろしは大根の辛味がまろやかで美味でした。


今回の社員研修でお世話になりました、
opt duoの皆様、西野さん、アイビス高島の皆様、畑中さん
お仕事中にも関わらず、見学・お話等させていただきありがとうございました。

2012年09月05日

休業のお知らせ

OPTIC GALLERY K 休業のお知らせです。

9月3日(月)
   4日(火)
   5日(水)

以上の3日間は社員研修のため、休業させていただきます。
福井県は鯖江市、 spec espaceや、H-FUSION等のハイクオリティなメガネを
生み出し続けている opt duo さんにお世話になり、
メガネについて学んでまいります。
spec espaceのセルロイドフレームを手掛ける職人、
西野正美氏の工房にもお邪魔させていただくつもりです。
たくさんのことを吸収し、お客様にもお話できればと思います。
旅行中の出来事等、ブログでもご紹介しますので、お楽しみに!
鯖江訪問は、オーナー 高橋は約3年ぶり、
店長他のスタッフは初めてのこととなり、こちらとしても非常に楽しみです。
お客様にはご迷惑をおかけすることになり申し訳ありませんが、
よろしくお願いいたします。

以前、オーナーが鯖江を訪れた際の記事はこちら